現状の憂い

 早いもので、もうすぐ前の会社を退職して6か月が経とうとしております。

 辞めた当初は、もうこれから会社に行かなくてもいいんだ、と意気揚々としていました。

 というより、安堵感の方が大きかったかと思います。

 あれから半年が経ったのですが、その時の気持ちはまだ少し引きずっているように思います。

 新たな一歩を大きな期待を抱きながら進んでいこうと思っていましたが、未だに顧客が一人も獲得できていないにもかかわらず、なぜかまだ気持ちに余裕があるように感じています。

 一つには、前職がわりといい給与水準だったことから、ある程度の貯金ができましたし、それなりの退職金もあったので、少なくとも年内は資金的に困らないだろう、との判断があります。

 もう一つには、自分が今まで培ってきた実績、特に有望な国家資格(税理士、中小企業診断士)を二つも得ていることで、この先も食いっぱぐれることはないだろう、という慢心があることです。

 さらに、キャッシュフローコーチ養成塾での活動や、志師塾での先生ビジネスマーケティング活動もそれなりに進んており、メンバー同士による相互支援などが本格化すれば、仕事もそれなりに増えてくるだろう、ということも、余裕がある理由になっていると思っています。

 ただ、半年前には、本格的な顧客獲得には至らないものの、それなりに小さな仕事や将来につながる無収入の仕事経験などがチラホラはいってきて、それなりに忙しくなりつつある、ということを想定していました。

 ふたを開けてみれば、研修などに明け暮れて暇な一日を過ごすこともあるなど、実践経験が未だ得ていない現状となっていました。

 「アウトプットが先、インプットが後」とは、キャッシュフローコーチ養成塾での教訓ですが、そのアウトプットが未だ行えていないのです。

 今年もあと3か月ほどとなり、この秋にある程度のめどを立てないと、来年までずるずるといってしまうのではないか、と危惧し始めています。

 そのように現状を憂いながら、これからは営業活動をどん欲に取り組んでいこう、そう思う今日この頃です。